バー初心者のお客様へ

inside

はじめまして。当店はいわゆるオーセンティックバーに分類されるバーとなります。
ここでは、バーに行ってみたいけれども不安な方へのメッセージです。

オーセンティックバーというと、堅苦しいイメージをお持ちかもしれません。
しかし、決して皆様がスーツやドレスで身を固めているわけではありませんし、お酒が詳しいわけではありません。ビーチサンダルだとお断りするケースがあるかもしれませんが、スニーカーにデニムの方もたくさんお越しになります。
また、お酒が好きだけど、種類はよくわからない方も大勢おられます。20代前半の男性の方は珍しいですが、30歳に近くなる方くらいからお越しいただいています。
決して、お金持ちの紳士のみの社交場というわけではありません。

オーセンティックバーの定義と言われると少し難しいですが、端的にいうとワイワイ飲むというよりも、一杯二杯を静かに楽しむといった感じです。
お腹が膨れるような食事はありません。ちょっと気の利いたオツマミが用意されているくらいです。スターバックスのような喫茶店のお酒版と思っていただけるとちょうどよいかもしれません。

一番気になるのは、料金だと思います。オーセンティックバーの料金は通常、テーブルチャージ(TC) + ドリンク代 + サービスチャージ(SC)で構成されています。例えば当店で、1400円のお酒を二杯飲んだ場合の計算を下記に示します。

TC (1000 + 1400 x 2 ) x 10%(SC) x 1.08(消費税) = 4514円

当店では10の位までを切り下げ、4500円となります。
おそらくこの計算方法を示さないことが、オーセンティックバーの敷居を高くしているのかもしれません。当店では用意がありますが、ドリンクのメニューが無いバーも多くあります。通常、初めてのお客様でお酒に詳しくない方からのオーダーでしたら、数千円もするような高いものを勧めたりしませんが、それでも気になる方はバーテンダーに気軽に聞いてみてください。
こちらとしても、せっかくご来店頂いて、この先も何度も通っていただきたいものですから、信頼感の醸成という意味でも、ご予算の中で適切なものを提供したいと考えています。

さて、オーセンティックバーがこのような文章をWebに掲載しているところは少ないです。小生も自身の無精さによって、最初は書くつもりはありませんでした。
しかし、写真や詩ばかりだと、googleがなんのWebなのか理解してくれないようです。
証拠に、2017年現在、当店は「六本木 バー」で検索しても、一切出てきてくれません。
ということで、ちょっとバーに関することを書いてみました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。